/

この記事は会員限定です

中国、コロナ隠蔽なお疑惑 武漢封鎖から1年

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【武漢=張勇祥、深圳=渡辺伸】中国で新型コロナウイルスが最初に広がった湖北省武漢市の都市封鎖から23日で丸1年となる。中国当局は2カ月半に及んだ封鎖措置の有効性を誇るが、実際の感染者数は公式発表の3倍超の約17万人だったとの研究結果もある。感染の起源や初動体制を巡る検証に消極的で、異論を許さぬ強権体制に国内外からの批判が続く。

17日、午後7時すぎ。武漢中心に位置する繁華街「漢街」は、休日のひとと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン