/

米・イスラエル首脳、ようやく電話協議

【ワシントン=共同】バイデン米大統領は17日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談した。大統領就任から1カ月近くたっても対話しておらず、バイデン氏が冷淡な姿勢を示しているとの見方が出ていた。バイデン氏はホワイトハウスで記者団に「いい会話だった」とだけ述べた。

バイデン政権はイスラエルとパレスチナの「2国家共存」を支持し、トランプ前政権が大幅に削減したパレスチナ支援の復活も表明している。

イスラエル政府によると、両首脳は米イスラエルの同盟関係強化に取り組むことで一致し、中東和平やイランの脅威、新型コロナウイルス対策などについて意見交換した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン