/

この記事は会員限定です

ASEAN諸国、ミャンマー特使の対応方針で隔たり

[有料会員限定]

【 ハノイ=大西智也、ヤンゴン=新田裕一】東南アジア諸国連合(ASEAN)が17日にカンボジアの首都プノンペンで開いた外相会議では最大の懸案であるミャンマー問題で大きな進展がみられなかった。3月に特使を派遣する方針を決めたものの、対応方針を巡っては加盟国間の隔たりが大きい。

「特使は民主派の挙国一致政府(NUG)とも会談する必要がある」。マレーシアのサイフディン外相は外相会議でミャンマー国軍に対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデターを巡る最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン