/

この記事は会員限定です

サムスン、米半導体工場拡張へ アジア2強が投資競う

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子が米テキサス州の半導体工場を拡張する。敷地を4割程度広げて、受託生産に使う最先端ラインを導入する準備を始めた。受託生産最大手の台湾積体電路製造(TSMC)も米国で新工場建設を表明済みだ。米中ハイテク摩擦を背景に米政府が半導体を重要な産業と位置づけたのを受け、アジアの2強が投資に動く。

サムスンは工場所在地のテキサス州オースティン市に、隣接地を産業用地として使う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1464文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン