/

この記事は会員限定です

習氏ロシア訪問、仲介外交で攻勢 米「ウクライナ犠牲」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が「仲介外交」に乗りだす。20日からロシアを訪れてプーチン大統領と会談し、ウクライナのゼレンスキー大統領とも協議するとの観測がある。中国独自の仲裁案を双方に示し、和平への積極姿勢を訴える。米国は中国の仲裁案を強く批判しており、成否は見通せない。

中ロ首脳会談は2022年9月にウズベキスタンで実施して以来。ロシアによるウクライナ侵攻後、習氏がロシアを訪れるのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません