/

この記事は会員限定です

性的少数者の献血規制、各国で撤廃・緩和相次ぐ

[有料会員限定]

ゲイ(男性同性愛者)やバイセクシュアル(両性愛者)の男性に対する献血規制を見直す動きが広がっている。英国は性的指向に基づく規制を撤廃し、米国やニュージーランド(NZ)でも緩和が進む。規制は主にエイズウイルス(HIV)感染防止のために導入されたが、LGBT(性的少数者)の人々への差別や偏見につながるとの指摘が出ていたためだ。

英国で献血事業を運営する国立血液サービス(NHSBT)は14日、過去3カ月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン