/

この記事は会員限定です

台湾IT大手、1月は32%増収 過去最高の伸び

[有料会員限定]

【台北=中村裕】米アップルなど世界の大手IT(情報技術)企業向けの出荷が多い台湾企業の勢いが一段と増している。日本経済新聞が主要上場19社の1月の売上高を集計したところ、合計額は前年同月比で32%増えた。2013年の集計開始以来、過去最高の伸び率だ。旺盛な需要に供給が追いつかず、販売価格が上がったことも各社の売上高を押し上げた。

台湾の主要IT19社(アジア主要上場企業=Asia300)の1月の売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り587文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン