/

米海軍、南シナ海で航行自由作戦

【ワシントン=共同】米海軍第7艦隊(神奈川県横須賀市)は17日までに、ミサイル駆逐艦「ラッセル」が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島近くで現地時間同日に「航行の自由」作戦を実施したと発表した。同諸島の領有権を主張し実効支配を強める中国をけん制する狙い。

第7艦隊は声明で「南シナ海における不法で広範な海洋権益の主張は、海における自由に深刻な脅威をもたらす」と指摘。「米国は相手にかかわらず、過剰な海洋権益の主張には反対する」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン