/

この記事は会員限定です

中国市場、緩和マネーが支え 短期資金1日3兆円規模も

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国人民銀行(中央銀行)が短期金融市場の公開市場操作(オペ)で市中銀行への資金供給を増額している。売却条件付き債券購入(リバースレポ)による1日の供給額を500億~1000億元(9000億~1兆8000億円)に増やした。中国政府は中国恒大集団問題の直撃で下振れする景気を支援するためインフラ投資を活発化したい考え。米欧や他の新興国が利上げに向かうのとは逆に、実質、緩和的な金融政策に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン