/

中国、第3の空母「福建」が進水 国営メディア

(更新)

【北京=羽田野主】中国国営の新華社通信は17日、上海で建造していた同国3隻目の空母が17日に進水したと伝えた。限られた甲板スペースでも高頻度で艦載機を発射できる電磁式カタパルト(射出機)を初めて搭載した。攻撃力を高めることで、米国への対抗姿勢を鮮明にしている。

新たな空母は「福建」と名付ける。福建省は習近平(シー・ジンピン)国家主席が長く勤務したゆかりの地だ。満載排水量は8万トン強。ウクライナから購入して改造した「遼寧」や、初の国産空母「山東」よりも大型化している。原子力ではなく、通常動力で稼働する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン