/

この記事は会員限定です

習近平氏、党主席復活に布石 毛沢東を意識

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国共産党が採択した第3の「歴史決議」が、「党主席」ポストの復活に向けた布石との見方が出てきた。決議から「個人崇拝禁止」などの文言が消え、復活への障害が少なくなったからだ。党主席は毛沢東が30年余り就いたポストで、党内では権力集中や個人崇拝が進みかねないとして反対論も根強い。

党主席は「中国共産党中央委員会主席」の略称。建国の父である毛沢東が1945年から76年に死去するまで就...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン