/

この記事は会員限定です

中国鉄鋼、再び漂う暗雲 21年は生産量削減へ

上海支局 松田直樹

[有料会員限定]

中国の鉄鋼業界に再び暗雲が垂れこめてきた。新型コロナウイルス禍でも中国の2020年の粗鋼生産量は10億トンを超えて過去最高となった。コロナからいち早く復興する中国だが、経済の完全回復はまだ道半ばだ。過剰生産で再び市況が悪化することを恐れる中国政府は、21年の粗鋼生産量を前年から削減する方針を公表した。コロナの影響から回復しつつある鉄鋼各社だが、先行きには不透明感が広がり始めている。

「21年の粗鋼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1392文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン