/

この記事は会員限定です

中国「食の安保」官民一体で 遺伝子組み換え作物後押し

政府、大手2社のトウモロコシに認証

[有料会員限定]

【広州=比奈田悠佑】中国で種子大手による遺伝子組み換え作物の研究開発が活発になっている。中国政府は食の安全保障の観点から遺伝子組み換え作物の普及を後押しし、大手2社に作付け認可の手前にあたる安全認証を出した。海外への影響力を高めるため、種子の現地生産や販売の強化で旗を振るなど官民一体の長期戦略も透けてみえる。

南部の海南島。金色に輝く水田のなかで、政府系研究機関の職員が摘み取った稲穂を封筒に小分け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン