/

イラン、弾道ミサイル訓練 米国をけん制

イランのロウハニ大統領(2020年9月)=AP

【テヘラン=共同】イラン国営メディアによると、イラン革命防衛隊は16日、弾道ミサイルを使った軍事訓練を実施した。軍事力を誇示するとともに、イランに対しミサイル開発の制限を求める米国をけん制する狙いがある。

弾道ミサイルは中部で発射され、約1800キロ離れたインド洋に浮かぶ標的を破壊したという。革命防衛隊のサラミ司令官は「敵の戦艦、空母を攻撃するための訓練だ」と述べた。同隊は15日にも弾道ミサイル発射訓練を実施した。

イランは、アラビア半島の大半とイスラエルを範囲に入れる射程2千キロの弾道ミサイルを保有しているとみられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン