/

この記事は会員限定です

東南ア、中国製ワクチンへ傾斜 フィリピンは50万回分

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】東南アジア諸国が新型コロナウイルスの中国製ワクチンへの依存を高めている。フィリピンのロクシン外相は16日、マニラで会談した中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相から50万回分のワクチンの無償提供を伝えられた。11日から王氏が歴訪したミャンマー、インドネシアなども中国製を歓迎する。南シナ海の領有権問題などで東南アジア側の反発を抑えたい中国の狙いが透ける。

ロクシン氏は会談の冒頭で「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り471文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン