/

通信社、トンガ沖再噴火かと一時報道

(更新)

【シドニー=松本史】AFP通信は17日、15日に大規模噴火を起こした南太平洋のトンガ沖の海底火山で再び噴火が観測されたと報じた。その後同社はこの報道を取り消した。

15日の噴火の影響でトンガでは通信が断絶されており、被害の全容はなお不明。オーストラリアとニュージーランド(NZ)は17日、15日の噴火による被害を調査するため軍の航空機をトンガに派遣した。

豪州のセセルジャ国際開発・太平洋担当相は17日、豪メディアに対し「(トンガで)大規模な死傷者が出ているという報告は現時点でない」と説明した。首都ヌクアロファがあるトンガタプ島以外からの情報は「非常に限られている」とも述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン