/

金正恩夫人、約1年ぶりに登場 夫妻で公演観覧

think!多様な観点からニュースを考える
李雪主夫人と公演を観覧する金正恩総書記=朝鮮中央通信・ロイター

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は17日、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が李雪主(リ・ソルジュ)夫人とともに公演を観覧したと伝える記事を掲載した。李雪主氏が公の場に姿を見せるのは約1年ぶりで、専門家らの間で臆測を呼んでいた。

夫妻は16日に故金正日総書記の生誕記念日を祝う公演を観覧した。17日付の労働新聞は「総書記同志が李雪主女史とともに観覧席にお越しになると、参加者たちは力強く万歳を歓呼した」と報じ、夫妻が並んで座る複数の写真を掲載した。

李雪主氏の公開活動は2020年1月25日を最後に途絶えていた。韓国の情報機関、国家情報院は16日の国会報告で、新型コロナウイルス対応が理由と分析し「夫人は子どもたちと過ごしている」と説明していた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン