/

この記事は会員限定です

米国務長官「民主主義が最善」 日本メディアと会見

中ロを暗に批判

(更新) [有料会員限定]

ブリンケン米国務長官は17日に開いた日本メディアとのオンライン記者会見で「民主主義は権威主義からの挑戦を受けている」と指摘した。「米国と日本は共に立ち上がり、民主主義こそが最善の道だと世界に示す必要がある」と主張し、民主主義的な価値観を推進する重要性を訴えた。中国やロシアの体制を暗に批判した。

核軍縮については「抑止力や防衛力を維持しながら、どのように核兵器への依存度を下げられるかを検討していく」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン