/

この記事は会員限定です

香港、揺れる米企業1200社 バイデン政権が警告 

(更新) [有料会員限定]

【香港=木原雄士、ニューヨーク=宮本岳則】外資系企業が香港で事業展開するリスクが高まっている。バイデン米政権は16日、香港国家安全維持法(国安法)が企業活動に悪い影響をもたらす可能性があると警告した。香港には米企業1200社超が拠点を置く。ネット企業や金融機関は米中対立に神経をとがらせる。

「中国が国安法を押し付けて香港の自治が大幅に損なわれた。以前は中国本土に限定されていたビジネスや法の支配のリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン