/

鴻海、北米にEV工場を建設へ 年内に立地決定

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
鴻海の劉董事長は、北米にEV新工場を計画していることを明らかにした(16日、台北市)=ロイター

【台北=中村裕】台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は16日、同社初の電気自動車(EV)工場を、北米に建設する方針を明らかにした。メキシコまたは米ウィスコンシン州で調整しており、年内に最終決定する予定だという。米アップルのスマートフォン、iPhoneの大量生産で成長してきた鴻海のEV参入計画が具体化してきた。

経営トップの劉揚偉董事長(会長)が明らかにした。鴻海が工場立地に言及するのは初めて。生産するのは独自ブランドではなく、受託が中心になる見込み。年内に建設地を最終決定すれば、2022年にも着工し、23年には新工場が完成する見込みだ。

供給先は明らかにしなかったが、劉氏は「米国の自動車メーカーと現在、話を進めている」と語った。

アップルが投入を検討しているとされるEV「アップルカー」を、鴻海が受託生産するとの多くの報道については「臆測だ」とだけ述べた。鴻海はiPhoneの6割強の生産を担っているため、新規参入するEV事業でも両社は協力するという見方が多い。

鴻海はEV参入にあたり、他社との提携を矢継ぎ早に進めている。1月には、中国自動車大手の浙江吉利控股集団とEVで全面的に提携すると発表したほか、中国新興メーカーの拝騰(バイトン)とも同社のEVを量産することで提携した。

2月には米新興メーカーのフィスカーと提携し、同社向けのEVを2023年に量産、供給することで基本合意した。大手の欧州ステランティスとも現在、EVの合弁会社設立で「最終合意に向け、協議を進めている」(劉氏)という。

鴻海は、長年手掛けてきたiPhoneなどの製品の受託生産に代わる次の収益の柱を育てようと、近年はEVに照準を定め、計画を進めてきた。「MIH」と呼ばれるEVを生産するオープンプラットフォームを作り、EVの新車投入を容易にするサプライヤーの基盤も独自に作った。現在すでに約900社が参加を表明し、EVのサプライヤー網の構築を急いでいる。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン