/

マカオも台湾の窓口機関停止 中国の圧力か

マカオは台湾の窓口機関停止を発表した(政府のホームページ)

【香港=木原雄士】マカオ政府は16日、台湾にある公的窓口機関「在台湾マカオ経済文化事務所」の業務を19日から一時停止すると発表した。香港が5月に同様の窓口機関の業務を停止したのに続く動きだ。マカオ政府は理由を明らかにしていないが、中国が台湾への圧力を強めた可能性がある。

台北にあるマカオの経済文化事務所は2011年に開設した。台湾在住のマカオ市民に対する緊急時の支援や両地域の交流を担っていた。台湾で対中国大陸政策を所管する大陸委員会は16日、「マカオ政府の一方的な決定は大変遺憾だ」としたうえで、台湾がマカオに置く窓口機関の業務は続けると表明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン