/

香港警察、大学学生会を捜索 国安法違反容疑

香港大学の学生会が拠点を置くビル

【香港=木原雄士】香港警察の国家安全部門は16日、香港大学の構内にある学生会や学生メディアの拠点を捜索した。学生会は1日に警察官を刺して自殺した男に好意的な声明を出し、親中派から批判を浴びていた。香港メディアによると、テロを扇動し、香港国家安全維持法に違反した疑いがある。

学生会は批判を受けて声明を撤回したものの、香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が非難する事態になっていた。香港大は学生会との関係を断ち切ると発表し、7日以内に拠点を撤収するよう求めていた。香港大以外にも学生会との関係を見直すと表明する大学が相次いでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン