/

中国製ワクチン接種でビザ「便宜」在日中国大使館

 タイ・バンコクの病院で中国製の新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける医療従事者=(ゲッティ=共同)

【北京=羽田野主】在日中国大使館は16日までに、新型コロナウイルスの中国製ワクチンを接種したひとを対象に中国訪問のビザ発給で「便宜を図る」と発表した。日本で中国製ワクチンは承認されていない。中国が日本など各国に自国のワクチンを普及させる狙いがあるとの見方が出ている。

中国共産党の機関紙、人民日報(日本語版)が16日に伝えた。在日中国大使館は「中国と外国との往来を段階的に再開するため」の措置だと説明している。中国製ワクチンを接種していなくてもこれまで通り申請は受け付けるという。

中国製ワクチンが承認されていない日本でこうした発表をしたことについて、中国側の意図をいぶかる声が出ている。中国外務省の趙立堅副報道局長は16日の記者会見で「人々の往来を容易にするための中国の試みでワクチンの承認とは無関係だ」と主張した。中国製ワクチンの承認は相手国の判断だとの考えを示した。

在日中国大使館はツイッターで「日本人に中国製ワクチンを強要しているとのデマが出回っている。ビザ申請に関する便宜を与えるだけで強要する事実は一切ない」と説明した。

在パキスタン、フィリピン、イスラエル、タイの各中国大使館でも同じ内容を通達したという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン