/

インドネシア、2036年五輪の新首都誘致に意欲

【バリ島=地曳航也】インドネシアのジョコ大統領は16日、2036年の夏季五輪を同国が建設を進めている新首都に誘致したい考えを示した。20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の議長を務めたジョコ氏が「新首都で36年五輪を喜んで主催する用意がある」と語った。

ジョコ氏は首都をジャカルタからカリマンタン島(ボルネオ島)の東部に移す計画を進め、24年に大統領府など一部の政府機能を移転したい構えだ。夏季五輪をめぐってはオーストラリアのブリスベンで32年の開催が固まり、36年はエジプトやメキシコが招致を表明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

G20サミット

20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は11月15~16日の日程でインドネシアのバリ島で開かれます。最新ニュース・解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン