/

アリババ、中国のEC利用者数で首位陥落

1強体制を続けてきたアリババの勢いに陰りがみえる=ロイター

【上海=松田直樹】中国のアリババ集団が、電子商取引(EC)の利用者数で首位から陥落したことが17日、明らかになった。2020年12月末時点で新興の拼多多(ピンドゥオドゥオ)が約900万人差をつけてアリババを抜いた。アリババが業界トップに上り詰めてから首位を明け渡すのは初めて。取扱高では最大手のままだが、黎明(れいめい)期から同市場をけん引してきたアリババを新興勢が追い上げる構図が鮮明となっている。

ピンドゥオドゥオが同日発表した2020年12月期決算で明らかになった。同社の20年12月末のECの利用者数は7億8800万人と、1年前より3割強増えた。一方でアリババの同月末の利用者数は7億7900万人だった。

15年に創業したピンドゥオドゥオは格安商品を武器に急成長を続けてきた。アリババが手薄だった地方都市や農村部でシェアを広げ、わずか5年で利用者数で中国トップに上り詰めた。ピンドゥオドゥオは18年に米ナスダックに上場しており、足元の時価総額は1900億ドル(約20兆7000億円)を超えている。

EC事業の取扱高では、両社の差は依然として大きい。アリババの20年3月期で6兆5890億元(約110兆円)だったのに対し、ピンドゥオドゥオは1兆1570億元。都市部での利用者数の多さなどから、客単価でアリババがピンドゥオドゥオを大きく上回っていることが要因だ。

ただ中国では新型コロナウイルス禍で消費者の節約志向は高まっている。近年はアリババが得意とする都市部でもピンドゥオドゥオが追い上げつつあり、同国でのアリババ1強体制に陰りが出ている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン