/

この記事は会員限定です

上海市、6月に封鎖解除 習指導部「ゼロコロナ」堅持

国産ワクチン有効性低く、新規感染ゼロにハードル

[有料会員限定]

【上海=土居倫之】中国・上海市は6月にロックダウン(都市封鎖)解除に踏み切る。3月28日に東部から始めた封鎖から2カ月近くが過ぎ、市民の不満や経済への打撃が大きくなっていた。ただ外出禁止の段階的な解除で人流の回復が予想される。習近平(シー・ジンピン)指導部はなお「ゼロコロナ」政策を堅持しており、最終的な目標である新規感染ゼロの達成にはハードルが残る。

上海市で衛生健康分野などを所管する宗明副市長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン