/

この記事は会員限定です

北大発新興、インド工科大に新拠点 研究開発で提携拡大

[有料会員限定]

【ムンバイ=花田亮輔】北海道大学発スタートアップのAWL(アウル、東京・千代田)は、インド工科大学(IIT)ボンベイ校との連携を拡大する。16日、画像処理などに関する人工知能(AI)について共同研究の契約や覚書を交わした。今後は同校内に拠点も設け、AIを使ったカメラ開発への応用を進める方針だ。

商都ムンバイにあるIITボンベイ校で同日、共同研究契約などの調印式を開いた。アウルは店舗の来店客の人数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン