/

この記事は会員限定です

中国蘇寧、拡大戦略のツケ ネットとの融合進まず

[有料会員限定]

【上海=松田直樹】中国の小売り大手、蘇寧易購集団が急減速している。百貨店や外資系スーパーの買収、コンビニエンスストアの出店攻勢で事業領域を広げるも収益化に苦しむ。祖業の家電量販事業では大量閉店を進める。5年前、ネット通販最大手アリババ集団と資本提携したが、相乗効果を出せていない。「リアル」が軸の拡大戦略は修正を迫られている。

「最近の誤った報道や噂が事業に影響を及ぼしている。外部の声に惑わされない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1872文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン