/

中国漁船、東シナ海で休漁明け 尖閣周辺で操業なし

(更新)
沖縄県・尖閣諸島=共同

【北京=羽田野主】中国が東シナ海で設けていた休漁期間が16日昼に明けた。海上保安庁によると、同日午後5時の時点で、沖縄県の尖閣諸島周辺の領海や領海のすぐ外側の接続水域で中国漁船は見つかっていない。

2016年8月の休漁明けに200~300隻の中国漁船が尖閣周辺に押し寄せ、その一部と海警局の船が日本の領海に侵入した経緯がある。

20年の休漁明けは接続水域の付近で漁船の一部が操業していた。

今年は8月16日に海警局の船4隻が接続水域に進入しており、海保の巡視船が警戒に当たっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン