/

この記事は会員限定です

首都移転、既成事実化へ着々 インドネシア大統領

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也】インドネシアのジョコ大統領が新型コロナウイルスの感染拡大で停滞していたジャカルタから首都を移転する事業を再び動かし始めた。関連法案の国会への提出を検討するなど、2024年10月までの自身の任期の後も事業が継続するよう既成事実化を狙っている。

スハルソ国家開発計画相は1日の国会証言で「新首都は短期間で建設することはできない。15年から20年はかかる」と強調した。自身が長官を兼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン