/

この記事は会員限定です

豪資源・エネ大手、水素にも軸足 ウッドサイドなど進出

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】オーストラリアのエネルギー最大手ウッドサイド・ペトロリアムと鉄鉱石大手フォーテスキュー・メタルズ・グループがそろって水素生産の事業化に乗り出した。世界で脱炭素の機運が高まるなか、新たな収益源の創出が急務なためだ。燃やしても二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーとして需要増が確実視される水素への投資を進め、石油・ガスや鉄鉱石と並ぶ主力事業に育てる考えだ。

新エネに5千億円超投資

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

日経産業新聞をPC・スマホで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン