/

この記事は会員限定です

文政権、検察総長の停職を承認 秋法相は辞意表明

[有料会員限定]

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長を停職2カ月とする法務省懲戒委員会の処分を承認した。支持率への悪影響を避けようと解任は断念したが、新たな捜査機関を発足させるまで検察の抵抗を封じようとする政権側の思惑を映した。

尹氏と対立を深めた秋美愛(チュ・ミエ)法相は同日、大統領府を訪れて文氏に懲戒委の結果を報告し、自らも法相を辞任する意向を示し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン