/

この記事は会員限定です

比サンミゲル、インフラで勝負 巨大空港を着工へ

アジア財閥研究)ビールから転換 ワンマン体制にリスクも

[有料会員限定]

【マニラ=遠藤淳】フィリピン最大財閥のサンミゲルが成長に向けて勝負に出る。首都マニラの近郊で巨大空港を近く着工。総額7350億ペソ(約1兆6千億円)を投じ、祖業のビールからインフラ関連事業への傾斜を一段と強める。剛腕で知られるラモン・アン社長(67)の強気の姿勢は新型コロナウイルス禍でも揺らがないが、ワンマン体制のリスクもささやかれる。

サンミゲルは15日に開かれた公聴会で、新空港の予定地の海岸沿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1729文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン