/

この記事は会員限定です

ウクライナ反攻3要素 NATO兵器と戦闘法、衰えぬ士気

(更新) [有料会員限定]

ロシア軍によるウクライナ侵攻開始から間もなく3カ月を迎える。この間、ウクライナ軍は果敢に抵抗を続け、東部など一部地域では巻き返す動きも見せ始めた。善戦の背景には、装備増強などハード面の新たな展開に加え、ソフト面での積み重ねもあった。短期制圧という当初のもくろみが崩れたロシア軍は今後「別次元の手荒さ」を見せ始める恐れがある。

2月24日の侵攻開始後、ロシア軍は早期の首都キーウ(キエフ)制圧を狙った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン