/

台湾、「心から歓迎、感謝」 日米首脳会談の共同声明に

【台北=中村裕】台湾の外交部(外務省)は17日、日米首脳会談の共同声明に台湾海峡の安定が重要だとの認識が示されたことについて「日米両国が(台湾)周辺の安全保障に関心を寄せていることを喜ばしく思う。心から歓迎し、感謝する」との声明を発表した。日米首脳会談の共同声明で台湾に関する記述が明記されたのは、1969年以来となる。

外交部は、中国から強まる圧力を念頭に「日米、その他の理念を共有する国々と緊密に協力して今後、インド太平洋の平和、安定、繁栄を目指す」とも述べた。

特に最近は、10~20機前後による大量の中国軍機が、台湾の防空識別圏に頻繁に侵入を繰り返すことが増えた。中国軍による台湾周辺での軍事演習も多く、台湾では警戒感が強まっている。

こうした状況も踏まえ、今回の日米共同声明では「台湾海峡の平和と安定の重要性」が強調され、「両岸問題の平和的解決を促す」と記された。

前回、台湾問題について触れられた69年は、ワシントンで佐藤栄作首相とニクソン大統領が会談した。当時、佐藤首相は「台湾地域における平和と安全の維持も日本の安全にとって極めて重要な要素である」と述べた。

その後、日米ともに中国と国交を結んだのを機に台湾と断交した。日本は72年、米国は79年にそれぞれ台湾と断交し、現在でも正式な外交関係がない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日米首脳会談

菅義偉首相とバイデン米大統領の首脳会談に関連するニュースを、こちらでまとめてお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン