/

この記事は会員限定です

原潜開発の豪首相「核武装を目指さず」 周辺国は警戒

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】米国、英国との新たな安全保障協力の枠組みを通じ、原子力潜水艦の技術供与を受けることになったオーストラリアのモリソン首相は16日、原潜配備が「防衛能力の向上へ最大の前進になる」と表明した。自由主義陣営の一員として、インド太平洋への進出を強める中国をけん制する姿勢を改めて強調した。

モリソン氏はキャンベラで記者会見した。「核武装を目指しているのではない」と述べ、核兵器を保有する可能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン