/

中国、処理水で日本大使呼び抗議

(更新)
 菅義偉首相㊧、中国の習近平国家主席=共同

【北京=羽田野主】中国の呉江浩外務次官補は15日、日本の垂秀夫駐中国大使を呼び、日本政府が決めた東京電力福島第1原子力発電所の処理水の海洋放出について「強烈な不満と断固たる反対」を表明し、抗議した。日本大使を呼び出すのは異例の対応だ。

中国外務省の発表によると、呉氏は「日本は自らの責任を認め、国際的な義務を履行するように強く促す」と主張した。日本政府が処理水の放出方針を撤回し、国際機関の枠組みのもとで中国人の専門家を含めた合同技術グループを立ち上げるように要求した。

利害関係者や国際機関の合意が得られるまで処理水を放出すべきではないとも強調した。「さらなる反応を示す権利を残している」とも告げた。

在中国日本大使館の発表によると、垂氏は「科学的根拠に基づいて対応し、国際社会に高い透明性をもって丁寧に説明する」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン