/

この記事は会員限定です

豪サントスが巨大「CCS」 CO2地下貯留、脱炭素の柱に

[有料会員限定]

【シドニー=松本史】オーストラリアの石油・ガス大手サントスが二酸化炭素(CO2)を回収して地下に貯留する「CCS」で大型事業に乗り出した。年間1千万トン貯留できる世界最大級のプラント設計を開始。2023年にも着工の判断を下す。自社や豪州の「脱炭素」を担う中核事業に育てたい考えで、域内外のCCSの実現機運にも拍車がかかりそうだ。

「世界最大級」の設計開始

サントスの大型CCS事業は、豪北部と東テ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン