/

この記事は会員限定です

武漢、2019年12月に1000人超感染か WHO調査団員指摘

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの発生源とされる中国湖北省武漢市で2019年12月に感染者が1千人を超えていた可能性がでてきた。米CNNが15日、世界保健機関(WHO)調査団員のピーター・ベンエンバレク氏の話として伝えた。

ベンエンバレク氏によると、中国側は調査団に対して12月に武漢市内と同市周辺で確認された174の新型コロナ症例を提示した。同氏は患者の症状が比較的重かったため医師が早期に発見したとみている。一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン