/

この記事は会員限定です

マンション半値で投げ売り 企業債務、中国経済の火種に

シーノミクスのいま(3)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「一括払いできる人、連絡求む。超お値打ち」。6月、SNS(交流サイト)上で不動産開発大手、中国恒大集団のマンションが10軒あまり売りに出た。

南部の広東省仏山市の物件で価格は1平方メートルあたり約6000元(約10万円)と昨年の半値。近隣の清遠市の物件も約4000元と半値以下で売られた。1人で6~7軒買う人も出た。

施工業者が工事代金の代わりに恒大側から受け取り、そのまま横流しした「訳あり物件」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン