/

この記事は会員限定です

香港で密告10万件、奪われた自由 教育・司法に中国式

統制の香港 国安法1年㊤

(更新) [有料会員限定]

香港から自由が失われた。香港国家安全維持法(国安法)の施行から6月末で1年。政治活動や言論の締めつけ、教育制度の改変が一気に進む。中国資本が流れ込み、経済も本土との一体化が加速する。大きく変質した香港はどこに向かうのか。

香港でデジタルマーケティングの仕事をしていた陳さん(仮名)は1月、5歳と10歳の娘を連れてロンドン郊外に移り住んだ。国安法の成立後「中国のイデオロギーが教育分野にも広がる」と直感...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン