/

韓国が「日韓首脳会談を調整」公表 日本は「未定」

米国での国連総会で

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ソウル=甲原潤之介】韓国大統領府は15日、ニューヨークで尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領と岸田文雄首相の会談を調整していると記者団に説明した。国連総会への参加にあわせ、元徴用工問題など日韓間の懸案について意思疎通をはかる。

金泰孝(キム・テヒョ)国家安保室第1次長が「会談することで合意し、時間を調整中だ」と話した。大統領府によると30分程度を想定しており、議題は決まっていないという。

松野博一官房長官は同日の記者会見で「現時点で何ら決まっていない」と明言を避けた。日本は元徴用工問題などを巡り、韓国に日本側が受け入れ可能な解決策をまず示すよう求めてきた。

尹政権は5月の発足以来、日本との関係改善に取り組む。元徴用工訴訟で日本企業の資産が現金化され実害が発生する事態を避けるため、解決策を検討している。日韓の企業が資金を出し、原告への賠償を肩代わりする案が浮上する。

韓国側は原告に理解を求めるため、日本にも自発的な資金支援や謝罪意思の表明など何らかの「誠意ある呼応」を求めている。

正式な日韓首脳会談は2019年12月を最後に開かれていない。首相と尹氏は22年6月にスペインで開いた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の場で面会し、初めて言葉を交わした。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン