/

この記事は会員限定です

慰安婦合意なお隔たり 日本は履行見極め、韓国「尊重」

(更新) [有料会員限定]

韓国の朴振(パク・ジン)外相は18日、日韓関係の悪化の要因の一つである慰安婦問題について日本との合意を尊重する意向を示した。林芳正外相との会談で議論した。韓国側が合意の重視を打ち出す一方、日本側は前政権からの具体的な転換を見極める。

慰安婦合意の問題は徴用工と並び関係悪化を招いた大きな原因になった。日韓は2015年に慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」で合意した。その後に発足した文在寅(ムン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン