/

この記事は会員限定です

台湾、戒厳令解除から35年 今なお残る社会の「分断」

[有料会員限定]

【台北=中村裕】1987年まで38年間続いた台湾の戒厳令が解除されて15日で35年を迎えた。中国から台湾に逃れ、49年に全土に戒厳令を敷いた国民党が、台湾にもともと住む「本省人」などの言論の自由を奪い、逮捕・投獄し、台湾社会は分断された。台湾は変わったのか。35年たった今も分断はなお続き、社会に暗い影を落とす。

前総統で、親中国路線を敷く最大野党・国民党の馬英九氏は6月29日、台湾南東部、本島か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン