/

台湾TSMC、日本に新工場「検討段階」 CEOが表明

4~6月純利益11%増、売上高は過去最高

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
21年4~6月期の純利益は四半期ベースで過去最高に届かなかった

【台北=中村裕】半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)の魏哲家・最高経営責任者(CEO)は15日、オンラインで開いた決算発表会見で、日本で初となる新工場建設の可能性について「現在検討している段階だ」と述べた。今後、顧客の需要に基づいて最終判断するという。世界的に需給が逼迫する半導体不足は「年末まで続き、2022年にも影響が及ぶ」との見方を示した。

同日発表した21年4~6月期決算は、純利益が前年同期比11%増の1343億台湾ドル(約5300億円)だった。売上高は20%増の3721億台湾ドルとなり、四半期ベースで過去最高となった。

スマートフォン向けなどの旺盛な需要が下支えした。売上高の内訳はスマホ向けが42%、パソコンやサーバー向けが39%と合計で8割強に達した。純利益は為替差損などが発生し、四半期ベースで過去最高に届かなかった。売上高純利益率は36%と高水準を維持した。

魏CEOは「今年の世界の半導体市場(メモリー除く)は17%成長する見込みだ。当社の今年の売上高も20%以上増える」と予想した。ただ、21年の設備投資計画は4月に公表した300億米ドル(約3兆3千億円)に据え置いた。7~9月期の売上高は前年同期比14~17%増の146億~149億米ドルと予測した。

米アリゾナ州に建設中の新工場は24年1~3月期に量産を始めるとした。注目される米政府によるTSMCなど半導体業界への補助金関連法案については「米議会上院で可決され、(現在、下院でまだ審議中ではあるが)補助金が承認されることに楽観的だ。米国の政党からも支持が得られると確信している」(劉徳音・董事長)と述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン