/

この記事は会員限定です

[FT]台湾 輸入解禁の米国産豚肉に消費者が拒絶反応

[有料会員限定]
Financial Times

台湾の消費者が輸入豚肉を敬遠している。その影響で地元産の価格が上昇し、域内の豚肉市場自由化が米国の生産者に新たな機会をもたらすという期待はくじかれた。

台湾は成長促進剤「ラクトパミン」が残留した米国産豚肉の輸入を2021年1月1日付で解禁した。台湾当局は、この決定が2国間貿易協定に向けた米政府内の支持を確立すると期待している。一方で米国は、地場の生産者に偏る市場への参入拡大を見据えている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン