/

中国、20年2.3%成長 10~12月は6.5%増と回復拡大

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
不動産開発投資が経済持ち直しに大きく貢献した

【北京=川手伊織】中国国家統計局が18日発表した2020年の国内総生産(GDP)は、物価の変動を除く実質で前年比2.3%増えた。新型コロナウイルスを早期に抑えこみ、投資など企業部門が回復をけん引した。主要国で唯一プラス成長を維持したもようだ。20年10~12月は前年同期比6.5%増と、7~9月(4.9%増)より拡大した。

中国経済は新型コロナが直撃した20年1~3月、1992年に公表を始めた四半期ベースで初のマイナス成長に沈んだ。その後、新型コロナを抑え込んで生産を立て直した。投資や輸出が成長を押し上げ、成長率は4~6月以降拡大した。

ただ20年暦年の伸び率は、文化大革命の最終年で経済が混乱した1976年以来、44年ぶりの低さとなった。20年の実質GDPは10年の1.94倍にとどまり、中国共産党が掲げた倍増目標は未達だった。

20年10~12月の実質成長率は日本経済新聞社と日経QUICKニュースが調査した市場予想の平均(5.9%)より上振れした。新型コロナの感染が広がる前の19年10~12月(6.0%)を上回った。生活実感に近い名目成長率は6.6%と、7~9月(5.5%)より拡大した。

前期比の実質成長率(季節調整済み)は2.6%だった。7~9月(3.0%)よりやや鈍化した。先進国のように前期比の伸びを年率換算した成長率は11%程度となる。

18日はGDPとは別に他の経済統計も発表した。工場やオフィスビルの建設など固定資産投資は20年通年で前年比2.9%増えた。春以降、政府がインフラ投資を加速。主な担い手である国有企業の投資は堅調で、鋼材やセメントの生産も好調だった。一方、民間投資は伸び悩み、設備投資は減少した。

投資のうちマンション建設など不動産開発投資は7.0%上回った。新型コロナ対応の金融緩和であふれたマネーが金融市場に流れ込み、1月からの累計額は6月にいち早く前年同期比プラスに転じた。

外需も成長を押し上げた。輸出(ドル建て)は前年を3.6%上回った。輸出から輸入を差し引いた貿易黒字は27%の大幅増となり、金額も最高だった15年に次ぐ過去2番目の大きさとなった。

百貨店やスーパー、電子商取引(EC)などの売上高を合計した社会消費品小売総額(小売売上高)は20年通年で3.9%減少した。比較可能な1994年以降で初めてマイナスとなった。家計調査でみた消費支出も実質4.0%減少した。

要因は経済の正常化に対して所得の改善が遅れたことだ。1人あたりの実質可処分所得の伸びが2.1%にとどまり、6%前後だった新型コロナ前と比べて見劣りする。

工業生産は2.8%増えた。投資関連の原材料のほか、リモート需要が追い風となったパソコンなどの生産が伸びた。

足元の経済成長率はすでに新型コロナ前の水準に戻った。21年は前年の反動増もあり、中国当局は8%前後の高成長を見込む。ただ新型コロナの感染が局所的にぶり返している。省をまたぐ移動制限が消費など経済活動を鈍らせる可能性もある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン