/

ベトナム、空港に監視カメラ2000台 濃厚接触者など追跡

【ハノイ=大西智也】ベトナムの首都、ハノイのノイバイ国際空港は施設内に2000台の監視カメラを設置した。新型コロナウイルスの感染者が見つかった場合に、濃厚接触者の追跡などに利用する。同空港では国内線の運航が10日に再開しており、厳格な防疫対策を継続する。

国営メディアが報じた。空港施設のすべての出入り口に検温システムを設置し、体温が37.5度を超えた人を見つけ出す。空港利用者がマスクを外していたり、鼻の下に下げたりしている場合には、自動警報システムが該当者に警告を発するという。

ベトナムは感染者だけでなく、濃厚接触者に対しても施設などでの厳格な隔離を義務付けている。出発地の空港などとも連携させ、迅速に濃厚接触者を見つけ出し、感染拡大防止につなげる。

同国ではコロナの感染者が減少傾向になり、10日に国内線が再開した。しかし、出発前のPCR検査や到着地で7日間の隔離が求められるなど条件が厳しいため、需要が低迷。航空会社は採算が確保できないとして旅客便を相次いで運休している。国内のワクチン接種率は2割に達しておらず、国際線再開のメドは立っていない。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン