/

この記事は会員限定です

中国、「宇宙強国」で米対抗 火星着陸に成功

宇宙ごみの管理に課題も

[有料会員限定]

【重慶=多部田俊輔】中国の無人探査機「天問1号」が15日、火星への着陸に成功した。中国にとっては初の火星着陸となり、米国に対抗できる「宇宙強国」の建設に弾みがついた格好だ。ただロケットの残骸を巡って批判も起きており、宇宙開発に向けた課題も残る。

「宇宙探査の重要な一歩で、火星に初めて中国人の痕跡を残した」。習近平(シー・ジンピン)国家主席は15日、火星への着陸成功後にこうコメントした。「科学技術の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り919文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン