/

この記事は会員限定です

財閥経営者の「反共」宣言に賛否 韓国社会の分断映す

ソウル支局長 鈴木壮太郎

[有料会員限定]

韓国流通大手、新世界グループの鄭溶鎮(チョン・ヨンジン)副会長がインスタグラムで共産主義を否定する投稿を繰り返し、韓国社会に波紋を広げている。中国や北朝鮮との関係を重視する革新系が強く反発する一方、米国との同盟を重視する保守派は賛同する。保革が鋭く対立する韓国社会の分断を改めて浮き彫りにしている。

新世界グループ副会長「共産主義は嫌い」

「今年はこれを飲んで最後まで生き残るぞ。滅共(ミョルコン)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

いま韓国・北朝鮮で何が起きているのでしょうか。 朝鮮半島の情勢は、日本の政治や経済に大きく関わっています。 このコラムでは、いま日本が知っておくべき朝鮮半島の政治・経済の裏側や、日本社会への影響などについて、日本経済新聞独自の視点でお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン